婦人

手軽にダイエット効果を期待するなら【ベイザーの手術で脂肪吸引】

自然な感触のバストアップ

胸部

脂肪幹細胞移植法とは

豊胸術のひとつに脂肪注入法があります。自分自身の太ももなどから余った脂肪を吸引し、バストに注射する方法です。一般的な脂肪注入による豊胸術は、吸引した脂肪の中に死んだ細胞や老化した細胞を含むため、しこりになったり石灰化したりするリスクがあります。このデメリットを緩和するのが脂肪幹細胞移植法です。脂肪幹細胞移植法は、吸引した脂肪を半分に分け、一方から幹細胞だけを抽出して、残りの細胞に添加してから注入します。幹細胞は細胞分裂を促進する作用があり、注入した脂肪細胞が定着しやすいとされています。注入用と抽出用の脂肪が必要なので、痩せた方には向いていませんが、しこりや石灰化のリスクは軽減することができます。

脂肪注入法のメリット

脂肪注入による豊胸術には、コンデンスリッチ法と呼ばれる施術もあります。吸引した脂肪を濃縮してから、専用のフィルターなどで不純物を分離し、健康な細胞だけを注入します。大量の脂肪を吸引しなくても、定着率を高められる方法とされています。豊胸術の中でも脂肪注入法は、メスを入れる必要がなく傷跡が残らないというメリットがあります。また感触が自然で、施術を受けたことがバレにくいのも長所です。簡単な施術と思われがちですが、一度に大量の脂肪を注入すると塊になったり、血の巡りが悪くなったりするトラブルの可能性があります。逆に注入量が少なすぎると、すぐ元に戻ってしまうことがあります。技術と経験を持ったドクターに施術を受けることで、こうした問題を回避できます。